自分でできる排水管の水漏れ対処法

生活を送っている中で、いきなり排水管から水漏れが起こってしまい焦ってしまうシーンもあります。もちろん、このような水のトラブルは業者に修理を頼むケースが多いですが、業者が到着するまでに時間がかかってしまうことも中にはあるため、どうにか水が漏れている状態を乗り切る方法はないかと探すことになります。では、そんなときに修理をしてもらうまでの間、自分でできる簡単な処置方法について紹介します。もしもの時に活用するために参考にして下さい。

■テープを貼りつける

排水管から水漏れを起こしてしまう時は、その水が漏れている箇所から出てくる水を止めなければどんどん排水管の外に水が出て行ってしまいます。それを防ぐ上で活躍してくれるのが水漏れ専用のテープと呼ばれるものです。基本的に、それらのテープは水にも強いため、水が漏れている箇所に貼り付けてもなかなか剥がれにくいという特徴を持っています。
水漏れ箇所に巻き付けて水が外にでるのを止めたうえで保護用としてさらに上からテープを貼り付ければ水が漏れてこないように応急処置をすることが可能です。この時のポイントとしては水が漏れている箇所をしっかりとふき取ってから貼り付けるようにすることです。

■応急処置ができるレベル

水が漏れないように抑えてくれるテープですが、どのレベルの水漏れにも対応しているという訳ではありません。さすがに、出てくる水の量が多いケースだと、なかなか貼り付けて水漏れを抑えることは難しくなってきます。テープで対応できるレベルのトラブルは、ぽたぽた程度やにじみ出る程度の軽度のものになります。
また、テープで応急処置が出来たとしてもそれで終わりにしてはいけません。問題が解決したことによって修理をしなくても良いのではないかと思ってしまうこともあるでしょう。しかし、応急処置でしかないため、水をとめることができればしっかりと業者に問題の発生している箇所を見てもらい、修理してもらうことを忘れないようにしましょう。

■まとめ
水漏れ専用のテープは排水管から水が漏れてしまった時にも応急処置として使える便利なアイテムです。応急処置がしっかりとできれば、修理をしてもらうまでの間の被害を食い止めることができるため、用意しておくといきなり水漏れが発生したとしても素早く対処をすることが出来るでしょう。こういった応急処置の方法もあるため、いつ起こってしまうか分からない水漏れに備えて対処法を練っておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ